ディーラーの下取りに出すのはもったいない!

中古車は個人間で売買することは少ないのです。

 

ほとんどの場合、下取りか買取を選択することになります。
下取りの場合は、車を買い換えることが前提となりますので、高い金額を付けてくれることが多いのですが、実際には専門業者の買取りを利用したほうが5〜10万円は高く売れるのです。
下取りで50万円、買取で45万円という金額が提示された場合は、下取りのほうがお得に思えてしまいますが、新車の販売価格で調整される可能性があります。
20万円の値引きにするところを、10万円に抑えるなどして調整することもあるのです。

 

金額の決定権はディーラーにありますので、売り手が高く売りたいと考えても思うようにはいきません。
もり売り手の希望額が通ったとしても、それ以外の値引きを圧縮して調整されることが多いのです。
元ディーラー社員も、車を売るだけなら買取業者に依頼したほうがいいと言っているほどです。
価格調整の内訳を知っている社員が話しているのですから、非常に説得力があるでしょう。
ただ、買取業者であれば必ず高く買い取ってくれるわけではありません。

 

いろいろな業者に査定を依頼すると、最高値と最安値では2倍超の差が出ることもあるのです。
最初の業者で30万円と言われたのに、2社目で65万円を提示されたという話は実際にあります。
中古車を売るときは、複数の業者で査定を受けないと絶対に損をするのです。
ちょっとの時間と手間をかけるだけで、サラリーマンの月収分くらいも買取額を上げられることもあります。

下取りよりも5〜10万円くらい高く売れる関連ページ

車一括査定サイトの利用時間
車一括査定サイトは、ネットで申込みできるのが手軽でいい所、利用時間の制限は?
車査定相場を高くする一括査定の使い道!!
低年式車買取を考えていて、その車の査定相場を高くしたいのなら、一括査定をうまく使いこなすことです。