低年式過走行買取で高い評価のつくクルマ

低年式車。。。年式が古いクルマ
過走行車。。。走行距離の多いクルマ、多走行車なんて言い方もしますね。

低年式過走行買取

 

 

一昔前だと、
10年10万キロで車の査定はゼロになると言われてました。
確かに、今でも車の買い替えで、ディーラーで下取り査定をすると10万キロオーバーの車などは
ほぼ値がつかないといわれるはずです。

 

ディーラーは元々新車を売るために、下取りをしてます。
下取りしたクルマを再販させるルートも、限られているし、中古車市場の価値も正確には把握しきれません。
一定のマニュアルに沿って、下取り査定をする感じですね。

 

 

特に、低年式過走行買取を、得意にしている専門業者は
直接、海外に輸出しているような業者などです。
もちろん、海外の業者も国内に買い付けにきているので
そういう事情に強い業者だと、日本で人気のない低年式や過走行のクルマに高い値をつけます。

 

 

日本だと、走行距離の多いクルマ、10万、13万キロオーバーのクルマは人気もないし
維持費も高くなりますよね。

 

 

でも、海外だと事情が違って10万キロ、20万キロオーバーの車も
まだまだ現役で走っているし、そういう文化なので、10万キロオーバーの車を持って行っても売れるんです。
日本車というだけで、人気が高いので
あなたが、寿命かな、と思っている車が高く売れるんですね。

 

 

低年式過走行買取で高い評価のつくクルマ記事一覧

10年落ちや10万キロオーバーの車の買取相場を調べるにはネットの一括査定サービスを使うと、早くて確実です。10年落ちや10万キロオーバーだと、事故歴や修復歴、それまでのメンテナンス具合によってコンディションが1台1台違ってくるので、正確な買取価格は実車を見てからということになります。でも、大体の相場ならネットの一括査定サービスだけでも掴めるので便利ですよ。カーセンサーだと、メール対応の査定業者を選...

低年式車や過走行車だからといって、すぐ廃車にするのはもったいないですよ。今は、日本車は海外で人気なので、輸出の台数がすごく増えてます。海外では、10万キロオーバーでも10年落ちでも、全然、現役で走り回っているんですね。例えば、海外で人気のある車種はこんな感じです。ランドクルーザー ランドクルーザープラドハイエースバン ハイエースワゴンRAV4ハイラックスカローラタウンエースワゴンライトエースワゴン...

なぜ低年式車でも、高く売る事ができるかは、こちらの記事でもお話ししましたが、低年式車をそのまま現役として使う以外にも、まだまだ価値があるからです。だからこそ、海外輸出などへ独自ルートを持っている複数の買取業者で見積りを取ることで、思っているよりも、だいぶ高く売れたりします。複数の買取業者から見積りを取るにはネットの一括査定サービスを使うと簡単です。↓かんたん車査定ガイド 公式サイト http://...

低年式車や過走行車が買取でけっこういい値段がつくのにはひとつには、日本車の海外人気が関係しています。主に発展途上国などに輸出されているのですが、その市場は多岐に渡ってます。例えば、アラブ首長国連邦、ロシアやミャンマー、チリ、南アフリカ共和国、ケニヤ、パキスタンニュージーランド、オーストラリア、イギリス、アイルランド、キプロス、ウガンダ、タンザニア、ザンビアスリランカ、バングラディシュ、マレーシア、...

相変わらず、新車販売台数をみても、売れ行きのいい軽自動車ですが、人気が高いだけじゃなく、実は、下取り、買取などで売却するときにも、リセールバリューが高くお買い得な車なんですよ。その割合は、3年後にして人気モデルの場合、なんと50〜60%以上で売却できるから驚き!しかも、軽自動車は、足として需要が多く、例え、10年近く乗って、低年式車になったとしても、10万キロを超えていなければ、10〜20万円とい...