低年式過走行買取は、高く売れるんですよ!

 

低年式車や過走行車が買取でけっこういい値段がつくのには
ひとつには、日本車の海外人気が関係しています。

 

主に発展途上国などに輸出されているのですが、その市場は多岐に渡ってます。

 

例えば、アラブ首長国連邦、ロシアやミャンマー、チリ、南アフリカ共和国、ケニヤ、パキスタン
ニュージーランド、オーストラリア、イギリス、アイルランド、キプロス、ウガンダ、タンザニア、ザンビア
スリランカ、バングラディシュ、マレーシア、シンガポール、ジャマイカ、トリニダッドトバコ、グレナダ、ペルーなどなど。

 

年々、海外をターゲットにした中古車の輸出ビジネスが盛んになってます。

 

 

日本から見ると低年式車や過走行車は不人気で、中古車市場に出回ったとしても買い手があまりつきませんが、
外国人からみると、車に対する認識が大きく違うので、
10年落ちや10万キロオーバーの車も、走ればいいのさ、と現役選手。

 

 

日本では、13年落ち以上になると、自動車税や自動車重量税が高くなりますが、海外では車は生活に
必要なものとして捉えられているのでそんなことはありません。
日本は、車を維持するだけでかかる税金の高さでは、世界一ですから。

 

 

低年式車だろうが、過走行車(多走行距離車)だろうが人気ものな日本の中古車

 

日本では、オートマが一般的になってしまいましたが、海外ではマニュアル車が人気
バッテリーが上がったときでも、マニュアルならエンジンをかけることができますからね。
マニュアル、ディーゼル車は海外で人気が高いですよ。

 

あなた自身が価値がないと思っている車が、思ってもみない価格になる
それが、中古車市場なのです。

 

 

>>>トップページ

低年式過走行買取は、高く売れるんですよ!関連ページ

低年式車・過走行車の買取相場を調べる方法
低年式車や過走行車の買取相場を調べる方法です。ネット、メールだけで買取相場がわかります。
低年式車や過走行車で高く売れる車種は?
低年式車や過走行車でも、高く売れる車種があります。日本車は発展途上国などの海外で人気です。
低年式車を買取で高く売る裏技
低年式車を買取で高く売る裏ワザ!古いクルマ、事故車、事故現状車、不動車なのに、なぜこんなに高く売れるの〜?
低年式でも軽自動車強し!リセールバリューの高い車
軽自動車は、需要も高いので10年近く乗っても10〜20万円で買取されることが多いんですよ。