低年式車を買い替えるか?車検に通すか?

走行距離が10万キロ近くになりおまけに車検が迫ってきた時、
そろそろ車買い替えようか、それとも車検を通すべきか思い悩む方も多いですよね?

 

低年式車,買い替え

 

走行距離が増えるとブレーキ・駆動系の重要保安部品交換以外にも数多くあり、
しなくてはいけない消耗品交換が車の要所要所でたくさんあります。

 

 

車検や点検を重ねる毎その消耗品交換が増え、走行距離にもよりますが、新車から5年2回目の車検(3年-2年)あたりから車検代に占めるパーツ交換や工賃部分の支払いが多くなっていくことは言うまでもありません。

 

 

大きな故障や修理があり、あせって買い替えなどとなる前に、事前準備はしておきましょう。特に中古車への買い替えは事前に下調べしておくとコスト的にもよい買い替えができますので日頃よりチェックしておきましょう!

 

中古車の購入について

 

中古車情報(中古車販売店サイトや雑誌等)は定期的にチェックしておきましょう

 

 ※新車の場合は、基本的にフルモデルチェンジでも無い限り数ヶ月で大きく価格が変動   
  するようなことはありませんが、中古車相場は、時期によって大きく変動しますので  
  早すぎてもいけませんが、だいたいの購入予定時期が決まっているのであれば事前に 
  チェックしておきましょう。

 

  • 車のタイプを決めておく(何人乗り?普通乗用車にするのか軽自動車にするのか等)
  • ボディーカラー(同車種同年式の車でもボディーカラーだけで価格はかわります)

 

日頃から、多くの中古車を見るだけでも
中古車相場感やどういった車が自分に向いているのか等がわかってくるはずです。

 

 

そこで、ぜひおすすめしたいのが、ネットを使って探し出す方法です!
スバット車販売なら、一般に出回ってない非公開車両の中から、
未使用車・新古車なども、無料で探すことができるんですよ。

 

未使用車や新古車を希望する場合は、ズバット車販売の備考欄にその旨を記載すればOKです!

 

⇒ズバット車販売

 

 

新車の場合、どこから購入しても3年間の保証があります。
購入後に、お近くのディーラーへいって、保証継承すれば問題ありません(無料)。
そして、希望する方は、有料でディーラー保証をつけることも可能です。

 

 

トップページ