低年式車 エンジンオイルの交換はどうしてますか?

低年式車 エンジンオイル交換

低年式車だけに限りませんが、定期的なエンジンオイルの交換は長くクルマに乗り続けるために必要な条件のひとつ。

 

 

古いオイルを使い続けていると、その分エンジンにダメージが残ってしまうからです。
エンジンオイルを交換せずに使うと、最も支障が出る点は汚れが蓄積されてしまうこと。
エンジンオイル自体、洗浄作用があるので新しいオイルに交換することで、
汚れを洗浄して、オイル内に細かく分散させます。

 

 

エンジンオイルの交換は、指定交換時期を目安にします。

 

 

ただ、この時期はあくまで目安、過ぎたからといってすぐさまダメージが生じるわけではないのですが、
早めに交換することで、よりエンジンにいい状態を保つことができます。

 

 

理想は、取扱説明書に指定されている純正オイルを、走行5000kmまたは半年以内に交換すること。

 

 

一時期でも、交換をおざなりにしておいた時期があると、
汚れが蓄積されているケースが多いので、その場合はプロにエンジンフラッシングを依頼したり、
1000km位の短い走行距離で連続して行ったりするとよいでしょう。

 

 

>>>トップページ