車買取時に高く売るための書類

車買取,高く売る,書類

ご存知ですか?
車買取で評価を高くするために、用意しておいた方がいい書類があります。

 

 

それは、定期点検整備記録簿と保証書

 

 

定期点検記録簿は、いわばあなたの車の履歴書のようなものです。
車を購入するときに付いてきますね。
今までに、車検や12ヶ月点検・24か月点検等どのような整備を受けてきたか?検査時の走行距離は?消耗品の交換時期は?オイル交換はどの程度の頻度で行ってきたか?などが詳細に書き込まれています。

 

 

もし、中古車で購入した場合にも、それ以前どのような整備をなされてきた車かも記録されていますから、一目瞭然で車の状態やメンテナンス状態が把握できます。

 

 

つまり、車買取で売却する場合、定期点検整備記録簿がないとそれらの情報がわからないために、
マイナスの評価を受けてしまうとういうこと。

 

 

そして、車の保証書やディーラー保証書、カーナビ、オーディオ類、追加パーツの保証書や取扱説明書なども純正品・社外品にかかわらず用意しておくと、査定額がアップする要因になるのです。

 

 

 

>>>トップページ

 

 

車買取時に高く売るための書類関連ページ

車買取と利用環境・車内の匂いの危うい関係
車買取査定の場では、実は日頃の車の使い方が意外の効果を表すんですよ。
車買取査定【愛車は商品 ピカピカにすると結果よし】
車買取の査定のときには、まず愛車の下準備がポイント、「普段使ってる状態で!」なんて言葉に惑わされちゃいけません!